一般財団法人武井報效会百耕資料館

大石良雄図
大石良雄図
制作時期 明和4年(1767)
作者 円山応挙
法量 縦189.3cm×横133.6cm
解説 本品は、明和4年(1767)、応挙35歳の作です。この当時応挙は円満院(滋賀県大津市)の祐常門主(1723~73)の保護下にあり、本品も同院の伝来とされています。縦190cmに及ぶ大画面に、ほぼ等身大で大石良雄(内蔵助)と考えられる男と手紙を持つ女、野郎帽子をかぶった文使いの少年の3人を描きます。人形浄瑠璃や歌舞伎で人気を博した『仮名手本忠臣蔵』などの忠臣蔵ものの一場面に取材した作品とみられます。なお、本品に基づいて描かれたと考えられる弟子の源琦作「大石良雄図」が逸翁美術館に所蔵されています。

2018年春季企画展案内

2018年春季企画展案内

連絡先

〒654-0009
神戸市須磨区板宿町2丁目2-1

℡(078)733-2381

Fax(078)733-2383

↑ PAGE TOP